TOTOKUの「特殊」をさらに追及し、
すべてのステークホルダーに貢献する企業グループを目指します

当社「TOTOKU」は、技術を結集して世界の先駆けとなり、ナンバーワン・オンリーワンを追求した製品開発により、世界で必要とされる企業を目指すという経営理念の下、持続的な企業価値向上に挑戦を続けております。

技術面においては、進取の精神で技術の向上を追究し、お客様のこまりごとにお役にたてる製品・サービスを提供し続けること、TOTOKUならではの提案で常に新たな価値を創造し、お客様にとってなくてはならない存在でありたいと考えております。そして社会に対しては、共存共栄の精神をもち、自然にやさしく、暮らしを豊かにする技術で広く国際社会へ貢献することを願っております。さらに社員においては、「一人ひとりの個性を尊重し、一人ひとりが熱意をもって、自ら考え・行動する企業風土を育むこと」を目指しています。

当社は、今年、創立80周年を迎えますが、足元は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い急速に世界経済が減速しております。しかしながら「5G」の時代が浸透し、CASEをはじめとする技術の大変革はこれからも確実に進んでいきますので、創業以来の「特殊」にこだわり、常に特徴ある技術を志向し、幅広い分野でお客様の期待を超える技術製品・ものづくりに努めてまいります。

TOTOKUにとって「特殊」とは、ユニークな発想と独自技術で新たな価値を創造し、特にニッチな分野に当社の持つ技術を最適に組み合わせることであります。既存の枠にとらわれない提案とお客様との信頼関係の構築により、新たな付加価値のある製品を生み出すことが可能と信じておりますので、今後ともより一層のご支援を賜りますようお願いいたします。

東京特殊電線株式会社 代表取締役社長

川口 寛