狭ピッチ電極の電子部品検査に適した超極細径のワイヤプローブです。
導体部には、パラジウム合金や、銅銀合金、タングステン、レニウムタングステン、ベリリウム銅などを使用しています。

スプリングタイプやカンチレバータイプのプローブに比べ、高集積化に伴う狭ピッチ化やエリアアレイへの対応に優れたプローブピンです。

新たに、パラジウム合金を導電材料に採用したコンタクトプローブもラインアップしました。

導体
  • タングステン
  • レニウムタングステン
  • ベリリウム銅
  • パラジウム合金
コーティング
  • ポリウレタン樹脂(UE)
  • ポリエステルイミド樹脂(EI)
  • ポリエステル樹脂(PE)
  • ポリアミドイミド樹脂(AI)
導体線径 0.02mm~0.110mm

特長

用途

構造

コンタクトプローブの詳細は、以下のカタログをダウンロードしてご確認ください。

関連製品

各種精密機器の配線材として好適です。極細径で、真直性が高いため配線作業性の向上が図れます。

コンタクトプローブについてのお問い合わせ

仕様など、お気軽にお問い合わせください。

デバイス営業グループ:03-5860-2129