NFオートヒータ ES/ESLタイプ

ヒータ応用製品

発熱体自体が温度を自己判断して、発熱量を連続的に制御する自己温度制御型の水道凍結防止器です。
応答性が良く温度上昇がスピーディーなうえ、部分的にも一定温度以上にならない安全な設計です。また、サーモスタットを使用していないため、サーモスタット等の制御装置が故障する心配がありません。

特長

  • 発熱体全体が雰囲気温度を検出して、自動的に発熱量を制御する自己温度制御型です。(共通)
  • 通電開始時の初期抵抗値が低いため、急な冷え込みでもスピーディーに昇温します。(共通)
  • 配管に沿って発熱体を縦添えに敷設する簡単装着です。(共通)
  • サーモスタットを使用していないため、サーモスタットの取り付けスペースを必要としません。(共通)
  • 接続部モールドには通電状態を表示する電源表示ランプを搭載します。(ESLタイプ)
  • 架橋ポリエチレン管,ポリブテン管など各種樹脂管に最適です。(共通)

用途

  • 給水・給湯配管の凍結防止
  • 金属配管の凍結防止
  • 樹脂管の凍結防止

構造

  • NFオートヒータ詳細につきましては、下記カタログをダウンロードしご確認ください。
  • 価格等につきましては、電話またはWebよりお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただく為には、Adobe Readerが必要です。
インストールされていない場合は、お手数ですがアドビシステムズ社のホームページよりダウンロードしていただく必要があります。

Adobe Reader ダウンロード

お問い合わせ

ヒータ製品に関するお問い合わせは、下記の電話番号またはフォームよりご連絡ください。

  • 【電線営業グループ】
    TEL:03-5860-2128
  • WEBからのお問い合わせ

Page top